ぼくが2年落ちのiPhone5sを使い続ける理由【古くても活用できる!】

f:id:a-style:20151122231843j:plain

2016/02/20 追記

その後、iPhone5s→iPhone6sにかわりました。キャリアもドコモ→auになりました。

www.ryuno.net

以上追記でした。

 

かれこれiPhone3GSのころから、iPhone4S→iPhone5→iPhone5s→iPhone6plusとiPhoneを愛用しています。割とアップル信者です。パソコンはMacBookProです。仕事のWindows機飽きたから買いました。

結構御布施してます。でもアンドロイドもちょっと使ったことあります。Nexus5とか。いい端末です。しかし、iTunesMatchとか使ってるのでなかなか移行できず。クラウドこわい。完全にアップルに包囲されてしまっています。信者ですね。

iPhoneはモデルチェンジするたびに新しい機能が追加されている端末ですので、ほぼ毎回機種変更をしてきましたが、実はiPhone6 plusに機種変更して間もなく、一世代前のiPhone5sにsimを差し替えてしまいました。残念ながら新機種の6s/6s plusには今のところ興味がありません。

以下の過去記事にも関わってくるのですが、私は2世代前のiPhone5s(ドコモ版、64GB)を愛用しているのでその話です。

とにかくデカすぎる

もう散々この件については各所で語られていますよね。とにかくデカい。念のためですがplusのほうです。

画面のインチアップにより情報表示量は格段に増えたけど、その代償でポケットへの収まりが悪くなりました。所有しているのは6plusですが、残念ながらデカいという先入観が先行してしまっているので、6無印を触ってみても大きく感じてしまうようになってしまいました。plusに出会わなければしっくりきていたのかもしれませんけどね!

もちろん、画面が大きいことで動画は見やすいし、特にkindleでの電子書籍の読みやすさは格別です。漫画読むのはかどります。というか、5sでは見る気がなくなります。

また、TouchIDの反応も良くなっているのは、しばらく使ってよく分かりました。あとカメラも。

布団でゴロゴロしていると角が丸いので収まりが悪い

もうこれです。休みの日とか、寝る前とか、スマホ弄りながら眠りにつくの幸せな時間なんですよね。ついつい布団から出たくなくなります。ゴロゴロタイムのお供はスマホですよねー。

けれど、なかなかiPhone6plusでは、なかなかゴロゴロスマホライフがはかどらないんです。それは、横向きでスマホを弄る際に6plusの場合は画面ガラスがカーブしていることにあります。

カーブがあるというのは、持っていてなんともいえないなめらかーな気持ち良さがあるし、筐体がすごく美しいのですが、大きさも相まって手の上で滑ってしまうんです。

たぶん6plusは、そもそも片手での操作は想定されていないので、横向きで寝ながらのスマホ弄りはまず無理です。手が小さい日本人ならなおさら。

その点、iPhone5sは側面が平らですので手から滑りにくいです。布団で横向きになって片手で文字打ちしても全く問題なし。

文字の打ちやすさ

個人的に文字が打ちづらいのは致命的なんです。ぼくの勝手な予想ですが、グローバルなら、文字入力しやすいかもしれない。フルキーボード使うから。日本語入力の場合テンキー使うことがこの打ちづらさを助長してる!

日本語入力もフルキーボードならやりやすいかもしれない。でも、フリック入力に慣れちゃっているからいまさら元には戻れない。フリック入力という素晴らしいシステムは、親指片手打ちには絶対なじまない。片手打ちの偉大さを感じてしまいます。

スマホは基本的にコミュニケーション手段としてしか使わない

私はゲームをしないので、スマホの使い道はtwitterかLINEかくらいなんですよね。あとはiPod代わりになります。処理速度はやはり速くなっていますが、必要性を引き算していくと、私の場合は5sに逆戻りしてしまいました。

ただ、ブロガーとしてはplusは表示確認のため大いに活用しています。活用っていってもそんなにエラそうなことはしていないのだけれど。そこで気づきます。「ブラウザだけなら、やっぱ大画面見やすいなあ」って。でも持ち歩くことはしません。今のところ。6plusは家専用になってしまっているので少しかわいそう。 

テクノロジーの逆行になるのであまり良くないけど、、、

Appleは2世代前の5s同じ4インチ液晶を搭載したiPhoneの開発を開始していると噂されています。新興国向けらしいんですけどね。グローバルでは大画面に軍配があがっているようです。

もし実現すれば、ぼくのようなニッチな需要で液晶のサイズがスペックダウンしてしまうんですよね。折角築き上げてきた「大画面で薄型の液晶」のテクノロジーは後退してしまうのかもしれません。

せっかく作った液晶の在庫とか開発費が無駄になってしまう気がしますが(心配しすぎ)、やっぱり5sのサイズに一定の需要があるということなんだと思います。少し期待したいと思います。

 

以上!

おすすめエントリーです

 

www.ryuno.net

 

 

www.ryuno.net