Amazonプライム・フォトは、Adobe Revel使いを救えるか iPhoneアプリの使用感など

f:id:a-style:20160121141440j:plain

こんにちは、りゅうです。

またアマゾンがプライム会員向けにサービスを開始しました。

写真が容量無制限で保存できて、スマホアプリで手軽に閲覧できます。

Amazonプライム・フォトとは

写真の管理どうしてますか?スマホでなんとなく写真を撮る機会が増えていって、今やそこそこの容量になっているかと思います。ましてデジカメ・一眼カメラで撮る人は尚更。

実はここ数年で写真の無制限クラウド保存サービスが登場しては消えていきました。恐らく無制限のストレージサービスは、一部のユーザーが大量に容量を占有するせいで、サービスとして成り立たなくなってしまっていったんだと思います。

今回登場したAmazon Photoは、Amazon Cloud Driveの一部です。

 専用アプリ「Amazon Photo」(iOS/Android/Fire OS/PC)からクラウド上にアップロードする。スマートフォンやPC内の写真の自動保存も可能だ。JPEG、GIFなど形式は問わず、RAW画像も圧縮せずに保存できる。

 従来のAmazon Cloud Driveでは、無料で使えるストレージは5Gバイトが上限だったが、写真だけは容量無制限になる。PDFなどのドキュメントファイルや動画は、これまで通り5Gバイトまで。

Amazon、プライム会員向け「プライム・フォト」 写真専用の容量無制限ストレージ - ITmedia ニュース

実は似たようなサービスがAdobeでもあったんです。Adobe Revelっていう。

そこそこ使いやすい専用ビュアーアプリがWindows、Mac、iOS、Android向けにあって、容量無制限で、Raw(無圧縮の生データ、一眼カメラなどで使用)の保存も大丈夫だったんですが、来月サービスを終了してしまいます。月極Photoshop(Adobe Creative CloudのPhotoshopとLightroomが使えるプラン)に移行されるんです。

でも、サービス移行後の容量はたった20ギガバイト。ぼくの写真フォルダの総容量53ギガバイトを越えてしまっているのでカバーできません。諦めてiCloudの容量拡張サービス使おうと思ったら、Prime会員限定ですがこのような救世主が現れました。

試しに使ってみたので取り急ぎレビューします。

メリット

容量無制限

最重要です。Rawも保存OK。JPEGもリサイズなし。文書ファイルなんかは保存する気ありませんから、写真以外のファイルは5ギガバイトもあれば十分です。

パソコン、スマホでデータ共有

アップロードした写真はスマホ専用アプリで閲覧できます。データキャッシュが有効なので、モッサリ感は少なめ。

f:id:a-style:20160121141934j:plain

f:id:a-style:20160121141651j:plain

プライム会員は無料

容量無制限で、プライム会員向けではありますが、すべて無料でできるのはありがたいです。

 

デメリット

PC・Mac上ではブラウザでの操作

残念ながら閲覧アプリはありません。PC、Mac上ではブラウザでの写真閲覧になります。しかもサービス開始したてだからかもしれませんが、重いように感じます。

f:id:a-style:20160121141852j:plain

PCからのアップロード自体は専用アプリがあるのでそこまで大変ではありません。すべてアップするには時間だけは相当かかりそうですが。

Adobe RevelではPC、Mac向けにビュワーアプリがあり、モッサリなしで閲覧可能でした。ブラウザ内の操作は、余計なアプリをインストールしなくて済む利点がありますが、制限も多いので閲覧アプリを提供してほしいですね。

ビュワー画面のサムネイルのサイズは選べなさそう

大量の写真の中から、いつ撮影したか覚えていない1枚をピックアップするのにサムネイルを小さくして、一気見する方法がありますが、それはブラウザビュワー、スマホアプリではできなさそうです。スマホの場合はスクロール操作が快適なので、そこまでデメリットではないかもですけどね。

まとめ

アマゾンの快進撃すさまじいです。正直、写真の無制限のストレージサービスは今後現れないかと思っていたのでびっくりしました。

Revelで体感したのですが、やっぱりクラウド上に写真あるって便利なんです。所有しているすべての写真を、iPhoneなどのスマホで見られると役に立つことが多い。

こういうサービスがないと、デジカメや一眼で写真撮ったらパソコンで見て、スマホで撮ったらスマホで見て、とデバイスに固着しちゃう感じがするんですよね。写真て見てなんぼですから。ハードディスクに死蔵させたのではもったいない。

iPhoneアプリのRevelでは、クラウド上の写真をランダム表示させる機能も搭載されており「こんなことあったなあ」と懐かしむことができました。なにせ写メール時代を含めると15年以上分のデジカメ写真があります。こうして考えてみると写真も資産の一部なんだなあと。

クラウド上においておけば、バックアップにもなりますしね。音楽ファイルもバックアップ不要になったし、ぼくのパソコンで唯一オリジナルのファイルは数百メガ程度の書類ファイルと、写真・動画ファイル程度になりました。昔はアプリケーションや音楽ファイルで相当容量食っていたのに、良い時代です。

 

以上です。おすすめエントリーはこちら↓

 

 

 

スポンサーリンク