2015年10月末時点での投資資産内訳を公開します

f:id:a-style:20151126120035j:plain

さて、本格的なインデックス投資を始めて5年になりますが、恥ずかしながら自身の資産内訳についての検証というのはこれまで行ってきませんでした。なんとなく頭に入っていただけで安心していたんですね。インデックス投資の諸先輩方のブログではアセットアロケーションの把握の重要性をいの一番に語っているのにも関わらず、です。やっぱり公表する場を設けないと行動できないものですね。

 

アセットアローケーション(2015年10月)

さて、結果は以下の通りです。

f:id:a-style:20151124012904p:plain

 

■日本債券    53%

個人向け国債変動10年(積立中)

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの一部

■先進国株式 25%

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの一部

ニッセイ外国株式インデックスファンド(積立中)

■日本株式  11%

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの一部

ニッセイ日経225インデックスファンド 

ニッセイTOPIXインデックスファンド(積立中)

■新興国株式 8%

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの一部

eMAXIS新興国株式インデックス(積立中)

■先進国債券 3%

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの一部

 

現状、前職である銀行在職中に購入し長期保有している個人向け国債が大半を占めています。次に長期投資を行っているセゾンバンガードがあり、そこにニッセイの低コストインデックス投信が食い込んでいる構造です。

 

今後の投資方針

今後は先進国株式クラスの増強を中心に毎月一定額購入によるリバランスを行います。また日本株式クラスには個別株への投資も行っていきます。具体的には以下の比率です。

■日本債券    53%→35%

■先進国株式   25%→40%

■日本株式    11%→10%

■新興国株式   8%→14%

■先進国債券   3%→  1%

 

世界経済が好調な状況ですので買い増しのタイミングとしてはイマイチ・・ですが長期投資かつ積立での購入ですからリスクは分散されるはずです。資産に大きく影響しない範囲で興味のある日本の個別株にも投資していきたいと考えていますが、足元の忙しさが一段落する年末以降に検討していきたいと思います(四季報がほこりかぶってる・・・)。いずれにしてもメインは低コストのインデックス投信を中心に投資を継続していきます。

海外ETFについては大変興味がありますが、勉強不足であり、税制等まだよく分かっていないので今のところ資産を振り分けるつもりはありません。

 

おすすめ記事です↓