エクストリーム出社するとしたらどうする?手軽に現実逃避したい

f:id:a-style:20151220013732j:plain

「明日は月曜・・・やっぱり憂鬱だなあ。」

 

今年もあと10日あまり。明日からの週が実質的に仕事の山場になるという人も多いはずです。

正月休みが待っているとはいえ、忙しいと分かっていて月曜から出社するの憂鬱ですよね。23日水曜日が休みなのは嬉しいけど営業日が少なくなって忙しいし。

そんな日曜日の憂鬱を少し軽減できそうなニュースを最近見かけました。

 「エクストリーム出社」を実践する人たちの特集です

有名な活動報告としては、始業までの限られた時間をつかって新幹線で観光地を訪れたり、都心を流れる川でカヌーを楽しんだり、ノンアルコール飲料で「飲み会」を開いたり……もっと過激なものになると、早朝の遊園地で絶叫マシンに乗ってから出社したり、プロレスのリング上で現役のプロレスラーに技をかけてもらってから出社という例も。同じ朝の活動でも、読書会やヨガなど健康的なイメージの「朝活」とは対照的に、早朝の活動とは思えないような激しさが特徴です。

www.yomiuri.co.jp

エクストリームだなんて名前が激しいし、朝からプロレス技かけられるのはちょっと・・・と思いましたが、日曜から温泉宿で過ごして、朝は新幹線とか特急で出勤なんていう例もあるようです。

CasaBRUTUS(カ-サブル-タス) 2016年 1月号 [雑誌]

「温泉から出社ってのは一度やってみたい…!」

 

 もともと意味などないから、どんな視線からも自由でいられる。いつもと同じ日常が始まる朝に、日常からどこまで飛びだせるか。そして会社の誰にもバレずに、何食わぬ顔で定時出社できるか……。エクストリーム出社は、日常からの華麗な「脱出」と「着地」の技を競うスポーツといってよいかもしれません。

http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20151217-OYT8T50012.html より引用)

「朝活」などとの最大の違いは「意味などない」ことにありそう

非日常を出社ギリギリまで体験してすっきりできれば、なんとなく一週間気持ちよく過ごせそうです。

日曜の夕方あたりの一番精神的にキツイ時間に、あえて近隣の温泉地へ向かう・・・なんだかワクワクしますね!

ただ、これクセになると意味なくなりそうなのでここぞというときに取っておいた方が良いかもしれません。非日常も日常化したら意味ないですから。でも早速試したいなあ。

 

本日は以上です。おすすめエントリーはこちら↓ 

 

スポンサーリンク