【感想】映画クレヨンしんちゃんがアマゾンプライムで配信開始

映画 クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん [DVD]

びっくりしました。ほんと雑記な内容です。

アマゾンプライムビデオで、いよいよ映画クレヨンしんちゃんが配信開始されました。(すみません。画像はアマゾンに繋がりますので気になる方は無視してください。)

クレヨンしんちゃんの映画、好きなんですよね。 

個人的なおすすめは「ロボとーちゃん」です。去年の作品。「オトナ帝国」で開花した野原ヒロシというキャラクターが軸の作品。というかそれオンリーといってもいい。昨年は各所で話題にもなりました。

観ているうちに、最近のクレヨンしんちゃんの傾向として、やっぱり泣かせにやってくるシーンがあって「ああ、泣かせにきてんなあ」なんて、大人ぶって思うのですが、それでも涙腺崩壊。

「オトナ帝国」以降、感動路線過ぎるだろ!という批判を避けるためか、絶妙なところで大人向けのギャグを仕掛けてくるあたり(田原しんのすけ、五木ヒロシのくだり)も狙ってるなあと思いながらクスリとしてしまう。そして春我部市役所リアルすぎ。

ロボとーちゃんは、しんちゃんというフィルターを通して、もし自分だったら、どうなんだろうと自らを省みてしまう作品でした。現実にはそんなことは起こらないけれども。設定や演出は多少わざとらしいけれど、なんか心に残るんですよね。これは二回目は妻・みさえの描写に注目しながらみると一層泣ける。

雲黒斎の野望とアッパレ戦国大合戦

戦国モノの二つの作品もとても良い。

雲黒斎はSFとしての設定がけっこう細かい。けれど、当時私が小学生か中学生くらいだったか、それくらいのリテラシーでも、なんとなく世界観を理解できていた気がします。城を颯爽と駆け巡る描写や、(劇場にいるみんな薄々気がついている中での)吹雪丸の正体がわかる場面の演出が好きです。

妹の正体も後にわかることになるのですが、今思えばこの正体にしないと設定がおかしくなると、きちんと踏まえているからなんだなあとか思います。野原家で過去・現在・未来と3回くらい時空が歪むのですが、その演出もすごく考えられている。

映画 クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望  [DVD]

 

戦国大合戦のほうは、少なくとも二回観ることをおすすめします。二回目は間髪入れずに観てもいい。

あのラストに至るまでの綿密な設定が見所です。時代考証が雲黒斎のときより更に綿密になされていること(序盤の、槍での戦い方の見せ方とか、城下町の様子とか)、野原家が戦国に来てからずっと暗い演出がなされていること、そして、「表情で語る」演出がすごくなされていることに気づくことができます。

しんちゃんというフィルターの使い方も、あざといですが実に見事!(「(身分を言い訳にしている又兵衛に対して)身分がなかったらどうするの?廉ちゃんに好きっていうの?」と幼稚園児が真剣に問いかけるシーンとか)

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]

 「ハイグレ」とか初期の作品も好きです。チョコビのおまけのキラカードの演出とか。昔の作品ですが、今もトレーディングカードにみんな夢中になっていますね。なんかそんなことも感じてしまいます。

映画 クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王 [DVD]

結論なんてありません。雑記でした。

 

 

ヒトデさんがおすすめ作品をまとめてくださっています。おすすめ。

hitode99.hatenablog.com

勝手にリンクしてごめんなさい。気に入らなければ言ってください外します。

スポンサーリンク