【2022年】リネットでいらない家電回収をおすすめする理由3選【断捨離】

断捨離にハマっています。

 

洋服とか、新しめの家電はメルカリやラクマを使って、お得に処分できますが、フリマにも出しづらいくらい古い家電の処理は困りますよね。

 

今回は、パソコン無料回収のリネットジャパンを使って、パソコンとセットで不要品を引き取ってもらい快適だったので、リネットを使ったPC回収、感想をレビューします。

 

 

断捨離にはうってつけです。メルカリでも売れないような古い家電はお得に引き取ってもらいましょう。

 

 

リネットとは?評判は?口コミは?

f:id:a-style:20220110195235j:plain

リネットはどんなに古いパソコン(古いブラウン管のディスプレイを除く)でも、無料で引き取ってくれる、国(環境省)認定の業者です。

 

しかも、パソコンだけではなく、任意の段ボールにパソコン以外の不要な家電を詰め放題で、送料無料で引き取ってくれる、利用者としてはデメリットなしのサービスです。

 

この、PC以外も引き取ってくれる、っていうのが最強のメリットですね。

 

段ボールは手持ちの適当な段ボールでOK

段ボールは、いわゆる140サイズ(縦横高さの合計が140cm以下)であれば何でもOKです。そこにPC1台と、そのほか家電(特定の4品目除く)を何でも詰め放題です。

 

我が家では以下の不要家電を回収してもらいました。

 

  • 大きくて邪魔なインクジェットプリンター
  • 前に使っていた汚いコーヒーメーカー
  • もはや使わないスキャナー
  • 古いトースター
  • 外付けフロッピーディスクドライブ(!)
  • ワープロ(東芝ルポ!)
  • よくわからないLANケーブル
  • 掛け時計
  • ゴムが加水分解で大変なことになっているマウス

 

これらの家電は自治体でも回収してくれますが、回収日の指定があったり、マンションの前に放置しなければならないなど、色々と気を遣いますよね。

 

リネットであれば、段ボールに詰めて佐川急便のドライバーに回収してもらうだけなので、一瞬でスッキリしますよ。しかも本当に利用者としては持ち出し(お金の支払い)はありません。

 

 

申し込みは結構シンプル

申込画面もわかりやすく、回収する箱数や不要な携帯電話の有無など、選んでいくだけで進んでいき、あとは回収先の住所と、回収日、時間を選ぶだけです。

 

面倒な電話での手配は必要無く、すべてネットで完結します。

 

f:id:a-style:20220110200141j:plain

 

注意点HDDは抜いておきましょう念のため

PCなしでも引き取りOKです。その場合は1,500円の手数料がかかりますので、できれば要らないPCとセットで出すのがベターです。

 

我が家には歴代の古PC4台がありましたので、4回に分けて出荷しました。

(無料配送は1回につき1箱までなので、無料で引き取ってもらうためにPCの台数分引き取り回数を分ける必要があります)

 

PCの引き取りでは、HDDの消去サービスを勧誘されますが、余計なお金がかかるのでやめましょう。

 

というか、HDDのデータって、消しても消しきれない(神経質な方はちゃんと消えたか不安になるもの)ですので、個人的には、ノートPCでもデスクトップPCでもHDDはドライバーを使って抜いてしまって手元に残すと良いと思います。HDDくらいなら、部屋のスペースをそんなに取らないですしね。

 

不要家電の到着、処理完了のメールまでご丁寧に送ってくれる

段ボールは佐川急便が回収します。集荷希望日は土日祝日含めて、2日後から選べて、時間帯も午前中、12−14時、14−16時、16−18時、18−21時から選べます。

 

その後、3日後くらいに「到着完了のお知らせ」が届きます。

また、1ヶ月以内くらいに「処理完了のお知らせ」が届きます。

 

正直、処理完了のお知らせまでは特に不要なような気がしますが、国から委託されているだけあって、しっかりしている、ということなのでしょう。

 

たまに街でみかけるトラックの、怪しい廃品回収を使いよりも安心なのは確かです。

 

断捨離してスッキリしましょう

意外と小さな小物家電って場所をとる割に、処分のめんどくささからそのまま放置ってのが多い気がします。

 

不要なPCがあれば、この機会を使って一緒に処分できるとスッキリしますね。