【家族カード】三井住友ゴールドVISA(NL)が使いづらくて若干後悔している話

f:id:a-style:20220205231532j:plain

最近、大量に所有しているクレジットカードを断捨離しています。

 

これまでは複数のクレジットカードを用途別に使い分けていたりしていましたが、どうにも種類が多くなりすぎました。

 

これからはメインカード含め合計3〜4枚は保有しておこうかと思っています。

 

さて、そのうちの一つが「三井住友ゴールドVISA(NL)」という今流行のナンバーレスカード(券面にカード番号がないカード)なのですが、どうにも使いづらいと感じています。

 

使ってみて超後悔するとまではいきませんが、私にとっては使い勝手が今ひとつです。

 

今回は三井住友ゴールドVISA(NL)、というか三井住友カードのナンバーレスカード全般の話になります。

 

 

 

デメリット1:アプリVpassが使いづらい

いきなりデメリットからで申し訳ないのですが、まずアプリが使いづらいです。

 

対面でクレジットカードを読み取る場合は、カードそのものがあればカード情報は不要ですが、ネットショッピングでは一通りカード情報が必要になります。

 

三井住友カードのナンバーレスカードは、アプリ上でカード番号、有効期限、セキュリティコード(CVV)を確認し、ネットショップのサイトに入力することになります。

 

これが非常に使いづらいんです。

 

どうやらアプリ内のブラウザで、カード情報が載っているページにアクセスする仕様のようです。

 

まず、iPhoneで見る場合にカード番号が一発でコピペできません。カーソルを器用に操作して該当行を選択コピーする必要があります。使いづらいです。

 

他社のナンバーレスカードの場合、アプリで一発でコピペできます。

 

iPhone単体でショッピングサイトでクレジットカード番号等を入力する場合にこうした一手間が非常に無駄に感じます。

 

デメリット2:家族カードの扱いが面倒

三井住友カードの家族カードを発行する場合のデメリットです。

 

ナンバーレスカードは、家族カード使用者についてもVpassアプリ上でカード情報を確認する必要があります。

 

そのVpass、最初にVpassの初期設定をする際に、本会員である私にSMS認証が飛んでくることなどは許容できるのですが、まず「家族カード専用にVpassのID、パスワードを設定する必要」があります。

 

これが最高に面倒くさい。

 

どういうことかというと、そもそも家族は三井住友カードの本会員であり、すでにVpassアプリを使っています。つまり、家族カード用に本会員とは別にアカウントが2つある状態になります。

 

本会員アカウントと家族会員アカウントはそれぞれ独立しており、おまとめログインサービスは使えないため、カード番号を確認するのに、いちいち本会員ログアウト→家族会員ログインの操作をしなければならないんです。

 

セキュリティを無視して、カード番号のスクリーンショットを撮っていたとしても、今度は画像なのでコピペができません。

 

カード番号を入力するのにiPhoneなら写真アプリと、ショッピングサイトを開いているSafariとを交互に行き来することになりますね。

 

はい、使いづらいです。

 

デメリット2:券面に番号があったほうがやっぱり便利

以上のデメリットは、券面に番号のある、これまでのクレジットカードを使えば解決できます。

 

そもそも、カード番号が表面にあることでセキュリティ上の問題があったケースってどれくらいあるんでしょうか。

 

万が一カード番号が盗まれたとしても、落ち度がなければ基本的には被害額は全額補償されますからね。そこまで推さなくてもと思います。目新しさがないと会員が増えないのかもしれませんが・・・。

 

カード番号や有効期限が券面にないため、シンプルで格好は良いのですが、どうにも使いづらいですね。

 

三井住友カードではナンバーレスカードのほかにも、「カードレス(CL)」もあるようですが、さらに使いづらそうな気がします。

 

 

メリット1:券面が格好いい

f:id:a-style:20220205232545j:plain

 

もちろんメリットもあります。

カード番号や有効期限がないことで、裏面も本当にシンプルです。

 

カードデザインは私はゴールド色ではなく、グリーンを選択をしました。画像では伝わりづらいのですが、グリーンと言うより黒に近い深緑のデザインで、金色がよく映え格好いいです。

 

メリット2:コスパはよい

クレジットカードは過当競争の業界であり、利用者はコスパを重視します。このカードもそのような背景から誕生したものと推察します。

 

三井住友ゴールドVISA(NL)は、条件付きで年会費が無料になる、ポイントが貯まりやすいなどの特徴があるカードです。コスパは比較的良いと思われます。

 

また、SBI証券のクレジットカード積立では唯一積立額の1%のポイントが付与されるカードでもあります。

 

もちろん、カードに詳しい人からすればもっとお得でコスパのいいクレジットカードがあるのでしょうけれど、比較的無難でコスパも悪すぎないカードと思っています。

 

まとめ

SBI証券のクレカ積立で1%ポイント還元されること、ベストではないが、そこそこポイント付与も期待できることから、VISA系は三井住友カードに頼っていこうかと思っていました。

 

ですが、ナンバーレスカードは、今のところ使いづらさの方が勝っていますね。

 

家族カード利用者が、すでにVpass本会員の場合にアカウントをもう1つ作らなければならない問題は、そもそもVpass上でしかセキュリティコード(CVV)を見られないことから発生しています。

 

この使いづらさを見越してか、ナンバーレスカード加入以降は頻繁に三井住友カードよりメールで使い方の案内が送られてきます。

 

せめてカード番号確認画面でスムーズにコピペできるようにしてほしいところです。

 

三井住友カードは、比較的保険セールスなどの勧誘電話なども少なく、快適な印象です。JCBやセゾン、楽天などは結構頻繁に電話かかってきますからね。不満が解消されれば使い続けていきたいカード会社です。

 

まだまだ始まったばかりのサービスなので、ここから改善されていくことを期待します。

 

以上参考になれば幸いです。