2022マネーフォワードアプリのマニアックな活用法

私はマネーフォワードをフル活用しています。

 

マネーフォワードとは、簡単に言えば、ネットバンキングやクレジットカードのログイン情報を1つのサイトに読み込ませて一括管理するサービスです。スマートフォンのアプリとWebブラウザ上両方に対応しています。

 

銀行サービス、Amazonや楽天など各種EC、クレジットカード利用履歴、各種Pay系履歴などすべてが一元化できるので、これを家計簿代わりに使っている人も多いと思います。

 

まあ、そうした使い方もあるとは思うのですが、ざっくり収支管理だけしたい私のようなライトユーザーにとっても、「なくてはならないもの」になっているので紹介したいんです。

 

あくまで私の使い方の目線で紹介しています。人によって活用の幅があるアプリだと思っています。

 

とくに便利な機能について、こう生活が変わる、という観点から今回はレビューしていきたいと思います。サービス自体はある程度までは課金しなくても使えますが、無料版のサービスは結構ショボいので、一定期間のお試しで有償版をお使いいただくことをおすすめします。

 

 

 

 

メリット1:ポイント管理が楽になる

まずはポイント周りです。

 

楽天が「期間限定ポイント」を出し始めたあたりから、ポイントの期限がやたら短くなった印象があります。どのポイントが、期限がいつまでで、といった情報を、ポイントごとに把握するのは至難の業です。

f:id:a-style:20220227032219j:plain

マネーフォワードアプリでは、期限が切れそうなポイントを通知してくれます。ある程度メジャーなポイントにはすべて対応しています。

 

「期間限定ポイントを使い損ねる」という残念な体験を減らすことができます。人によってはこれだけでも使う価値があると思います。

 

メリット2:カード引き落とし額の管理が楽になる

複数の銀行口座をクレジットカードごとに分けているためこの機能は欠かせません。

 

クレジットカード会社と連携して、「カードの引き落とし日までに口座残高がいくら足りないですよ」と通知してくれます。

 

通知してくれるだけでなく、目下の引き落としがすべて完了した後の残高まで示してくれるので、クレジットカード債務を払った後手残りはいくら、と言う情報まで分かります。

 

給与振込口座から別の口座に振替操作をするときに楽です。

 

メリット3:クレカの不正利用に気づきやすくなる

常時使用のクレジットカードをすべて登録しているため、入出金明細がリアルタイムで取得できます。

 

全部一覧になるので、暇なときに眺めていますが、この機能により不正利用の発見に繋がることもあると思っています。

 

以前、三井住友カードが不正利用されたエピソードを掲出していますが、意外と身近なところにクレジットカード不正利用はあります。

 

www.ryuno.net

 

 

お金の流れをざっくりでも日々把握することで、こうした被害を防ぐこともできると思います。

 

デメリット1:証券口座を登録すると大変

証券口座を連携すると、日々の値動き推移も記録を取ってくれて便利です。

 

複数の証券口座を登録すると、株式・投信のポートフォリオ一覧が取り出せて、騰落率も一覧できるのでそれはそれで良いです。idecoや年金も登録できるので、総資産を把握するのにも役立ちますし、それがマネーフォワードの売りです。

 

ですが、便利な反面、株価に振り回される可能性があります。特に相場が不安定な時期はあまり証券口座を見過ぎないようにしたほうが良い場合もあります。リアルタイムでなんでも把握できてしまうのは、これは人によっては善し悪しです。

 

何でもかんでも「見える化」するのは、自分の性格を考えて行った方が良いかもしれません。

 

デメリット2:無駄遣いがそこまで減らない

使い始めると収支改善を実感した人が多いアプリです。

 

詳しくはアプリの説明をご覧いただきたいのですが、私個人としてはその機能はそこまで求めていません。

 

記録することによりダイエット効果を狙うレコーディングダイエットのようなものですかね。節約目的で導入するならば、また違う結果があるということかもしれません。

 

デメリット3:手入力ってどれだけ使う?

ブラウザでもアプリでも、各種金融サービスから自動取得されるデータ以外に、ユーザーが任意で入出金データを登録することが可能です。

 

でもこれってどれくらいの人が使ってるんですかね。レシートを撮影すれば、それも自動取り込みできるようですが、正直、レシートをもらうのさえ面倒くさいと思っています。ほとんどがキャッシュレス決済となっていて、基本的には自動記録されていると思うのですが。

 

現金支払いは、出先の街の定食屋さんとか、その程度になってしまいましたね。

つまり、私はそこまで手入力機能は必要ありません。でも、使わなければ良いだけなのでそこまでデメリットでもありません。

 

まとめ

とくに複数の銀行口座・複数のクレジットカード・複数のポイントサービス・複数のPay系サービスを使っている人にお勧めです。

 

マネーフォワードの出始めの頃は、家計管理マニア向けの印象があったアプリですが、もうかなり普及して一般的になっていますね。機能としてはほぼ完成した感があります。

 

とりあえず使ってみて月次で収支把握するだけでも、あるいは毎月失われるかもしれない期間限定ポイントを把握する上でも、結構使えるアプリですのでお試しください。

 

以上参考になれば幸いです。